tswi's dev

動くものが正しいものだ

Rubyの学習(第3回)

演算子

四則演算、余算はごく普通の記述。

p 10 + 3
#=> 13

p 10 - 3
#=> 7

p 10 * 3
#=> 30

p 10 / 3
#=> 3

p 10 % 3
#=> 1

なお、インクリメント/デクリメントは実装していないので以下のように記載すること。

i = 10
i += 1
p i
#=> 11

i = 10
i -= 5
p i
#=> 5

条件分岐(if)

if文は下記の通り。なお通常、"then"は省略することができる。

if 1 == 1 then
  puts "is true"
end
#=> is true

一行で書く場合は"then"が必須。ただし":"に書き換えることも可能。

if true then puts "one line true" end
#=> one line true

if true : puts "one line true" end
#=> one line true


if〜elseは下記。
なお、"else if"に相当する命令は"elsif"と記載する。"elseif"ではない。

if true
  puts "is true"
else
  puts "is false"
end
#=> is true

if nil
  puts "is true"
elsif true
  puts "elsif true"
else
  puts "false"
end
#=> elsif true

unlessという、ifの否定形を表す命令もある。
"if !条件式"と同等。

unless true
  puts "unless true"
else
  puts "unless false"
end
#=> unless false


なお、if, unlessは式を後置することもできる。

puts "後置true" if true
#=> 後置true

puts "後置false" if false
#=> 出力なし

puts "後置true" unless true
#=> 出力なし

puts "後置false" unless false
#=> 後置false

うん、実にサラサラと書ける。
コード中に"()"や"{}"が入ってこないので、改行やインデント、行間開けはしっかりする必要がありそう。